歯科利用の極意|歯が健康で白ければ美しさはもっと磨ける

失った歯を戻す

歯科でのブリッジ治療の注意点について

虫歯や歯周病などが原因で永久歯を失ってしまったという人も少なくないかもしれません。失った永久歯を元に戻すことは出来ませんが、歯科でそれを補う治療法はいくつかあります。ブリッジ治療もその選択肢の一つです。 ブリッジは橋を意味しており、ブリッジ治療は失った歯の両側を土台としてブリッジをかける方法です。 この治療法の注意点としては、土台を作る両側の歯を削らなければならないことになります。劣化の早い素材で被せものを作ればそれだけ虫歯になりやすいとも言われています。また土台になる歯に負担がかかりやすいため土台になる歯が弱くなるとブリッジが割れたり、揺れたりしてしまいます。 歯科では歯科医師の説明をきちんと聞いて納得してから治療しましょう。

ブリッジ治療を受けるときに参考になること

歯科で歯を抜いた後の処置としてはいくつか治療の選択肢がありますが、ブリッジ治療もその一つです。 ブリッジ治療とはどんな治療なのかそのメリットを紹介しますので治療を受けるときの参考にすると良いかもしれません。 ブリッジ治療は外科手術を行わないので糖尿病や高血圧などの疾患を持っている人に対しても体に優しい治療と言えるでしょう。また周りの歯と同じような感覚で食事ができるのもメリットかもしれません。また治療費や治療期間もインプラント治療と比べると安く済んでかつ短くすることが出来ます。また治療後のメンテナンスについてもインプラントと比べて楽であるともいわれています。 このような特徴があるブリッジ治療ですが、治療の際には歯科医師から説明をしっかり聞くことが大切です。